ゆたか幼稚園、おめでとう!

 

 

11月4日は創立記念日一足早いお誕生会をしました幼稚園のことを何でも知っている理事長先生が質問に答えてくださいました😊「昔、理事長先生は子ども達とどんなことをして遊んだのですか」との問いに「助け鬼や高鬼、かくれんぼをして遊びましたよ

みんながかくれるのが上手で、理事長先生はみんなを見つけられなくて出てきて〜って呼んだのよ」と教えてくれました(*^-^*)お祝いの電報を紹介したり、昔の園舎の写真を見たりして…みんなでお誕生日のうたを歌いました♫“Happy birthday to you〜おめでとう〜☆”の大合唱。幼稚園に届いたことでしょう

 

  

 

その後は、劇団えりっこさんによる『今夜は食べ放題!』の人形劇。オオカミがうさぎを食べようとうさぎの姿に変装して学校に忍び込むのですが、ダンスを褒められたことを喜び、食べることを忘れてしまったというお話を見ました。お話から自分を肯定的に見てくれる人がいることは嬉しいことなんだと感じてくれたらと思います!

幼稚園へのお祝いのうたや言葉に、温かな心が感じられ、また、えりっこさんの人形とタッチをして挨拶したのですが、優しく触ろうとする姿…じ〜んとしました💛

ゆたか幼稚園、52歳おめでとうございます🎂


どこまでも広がるイメージ!

 

 

本日は平成31年度入園受付のため休園でした。入園受付にお越しいただいた新入園児やご家族の皆様、ありがとうございました。

 

今日のホームフレンドサークルは玉入れや新聞紙遊びを楽しんでいます♪

新聞紙遊びでは、新聞をズボンに挟んで“しっぽ取りゲーム”をしたり、広げた新聞で友達を隠す“かくれんぼ(?)”をしたり…

バスタオルの上に細かくちぎった新聞紙を乗せて、年長児が友達と一緒に「いくよ、せーの!!」とバスタオルを思い切り持ち上げると教室の中に“新聞の雨”が降り注ぎ、周りにいた年少児も大喜びです

また、片付けの時間には段ボールをブルドーザーに見立てて歩き回るなど、“新聞紙”というたった一つの素材からどこまでも子ども達のイメージは広がっていくのです


パーティーを楽しもう☆

  

 

遊びの時間にハロウィンパーティーをしました仮装してみたい子ども達が集まって、今クラスで楽しんでいる曲をかけて歌ったり踊ったりして大盛り上がりノリの良い曲をかけたのですが、特に、テレビでもよく流れていたU.S.Aが大のお気に入りで、学年を問わず振り付けもばっちりです製作コーナーでは、お化けやコウモリなどの冠、仮装用の仮面、友達に配るキャンディーを作って小道具作り(*^-^*)

また、ホームフレンドサークルの子ども達が夕方、職員室をノックして「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ〜👻」とやってきて職員室を和ませてくれました💛

ハロウィンといえばカボチャやお化けのイメージがあります。本来は秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えする(同時に悪霊を追い払う)お祭りで、日本でいえばお盆にあたります。今の季節でしか味わえない行事の雰囲気を存分に楽しみながら、食べ物やご家族への感謝の心をどこかで感じてくれたらと思っています…


ドッジボール大会!

  

 

年長組はドッジボール大会に参加しようと闘志を燃やして運動場へ🔥「よろしくお願いします!!」と挨拶を交わし、試合開始相手が投げてくるボールを勇敢にもキャッチしにいきとても積極的な子がたくさんまた「(外野さん)いくよ〜📣」と合図をしてパスをするなど、どうしたら勝てるか、しっかり作戦を練ってきた様子が伺えます👍試合中、舞台の上から「〇〇組がんば〜れ📣」の大合唱も迫力がありました😊ボールの取り合いはほとんどなく、自分の所にきたボールをとってすぐ投げたり、仲間へパスをしようと周りを見渡したりしていました。

 ルールがあるからこそ面白いと感じる遊び」 や「友達と協力し合うからこそ楽しい遊び」をたくさん経験しながら、チームの一員としてそれぞれが頑張ってみたいこと、役割などをみんなで話していけたらいいなと思います…


かわいいどんぐり☆

 

 

 

年少組は折り紙でどんぐりを折りました。茶色の折り紙2種類から1枚を選び、先生と一緒に手順を追って折り始めます半分に折って開くと折り目がつき、その線に合わせて折ると観音開きのような形にそこからどんぐりの先端を表現しようと尖らせるように折っていくと…どんぐりに「どんぐりできた〜」「見て見て〜!!」と出来上がったことに大喜びです😊自分だけのオリジナルとなるように目や鼻を描いて、先生が準備してくれていた木や池のモチーフに貼り付けて完成です👍

年少組は先生のお話を聞いて、手順を追いながら一緒に製作していくことが多い学年です。道具の扱い方や材料の性質を紹介しながらゆっくり、一緒に進めていくことで、初めての活動にも子ども達が安心して取り組めるのですそういった“一緒に”の蓄積があれば、頭の中にものの組み合わせ方などの具体的なイメージが持てるようになり、年長児のような製作が楽しめるようになります年齢によって過程が違って興味深いですね

 

 

また、いちご組のお友達のお誕生会でした🎂「何歳になりましたか」の質問に緊張していましたが、周りの友達から「マイク🎤」と声が挙がり、手作りマイクをもって「3歳です」と教えてくれましたお誕生日おめでとうございます!


<< | 6/51PAGES | >>