ハロウィンパーティーを楽しもう!

    

 

ハロウィンということで、運動場でパーティーをしました🎉衣裳を着た子ども達が舞台に上がり、曲に合わせてダンスを踊ります踊り方は特に決まっていないので、即興で好きな振り付けで踊りましたお客さんとして見ている子ども達は音楽に合わせて鈴やタンバリンを鳴らしますが、あまりにも楽しそうなので、やっぱり踊りたいと舞台に上がることがほとんどです(笑)また、ホームフレンドの子ども達が猫に変身してプチケーキ(プレーン・紫芋味)を作り、職員室に届けてくれました🍰あま〜い香りが食欲をそそり…美味しかったです👍

10月に入ってから、衣裳を着用できる環境を作ってきました。貸出カードに借りたものを記入し、返却時には責任をもって戻す…単純なことですが、みんなで使用するものだからこそハンガーにかける等のルールを、子ども達も少し意識していたように思います。この季節でしか味わえない雰囲気の中で自分なりの表現を出し、存分に楽しめた1カ月となりました


こぐまの会

 

 

朝のあそびの時間が終わると、各クラスでみんなの時間が始まります♪

こぐまの会(ネーミングはクラスで異なります)では、友達の顔が見えるように半円になって椅子に座り、前にお当番さんが出てきます🐻

順番に回ってくる“お当番”は一日の中で色々なお手伝いをしたり、こぐまの会でインタビューを受けたりと、ちょっぴり特別な存在でみんな自分の番がくるのを楽しみにしているのです

(お名前教えてください)「◯◯です!!」

(好きな色は何ですか?)「黒と…紫!」

元気いっぱい答えたり、照れくさそうに答えたり、一人ひとりの個性が見られる瞬間

周りの子ども達も興味津々で、「ぼくも紫好き!」と共感する姿もたくさんありました💕

その後は仲間集めゲームで口々に知っているお花を発表していきました🌷

サクラ🌸が出ると「あ、さくらちゃんの名前と一緒〜!」とみんなで喜び合ったり、アサガオが出ると夏に栽培していたことを思い出して「育てたよね〜」とイメージを広げています(物知りなお友達はあざみと発表しました★)

クラスの友達と顔を見合わせながら、うたを歌ったりゲームをしたり、ゆったりと園生活の一日が始まっていくのです…☺☺


特別プール教室

 

 

毎週火曜日は年中長組の希望者が参加している「特別プール教室」あわ今日は最終回でした!!

一般のスイミングスクールとは違い、普段から園生活を共にしている仲間と一緒に活動することで、水の苦手な子も安心して参加することができますひらめき

友達と板キックをしながらチラッと顔を見合わせ競ってみたり、友達の姿を見て「水に少しだけ顔をつけてみようかな」と自然と心が動いたり泳ぎの技術の向上だけでなく心の成長もたくさんみられましたよ晴れ

今後も園生活の色々な場面で“やってみよう”という意欲が芽生えていくことでしょう☺☺

プールを終えた後、着替え室ではプチセレモニー一人ひとりに“修了証書”を渡し、みんなで頑張りを讃え合いました♪


ドッジボール大会!

   

 

第1回ドッジボール大会で、年長組は4チームに分かれて試合をしました「よろしくお願いします」の挨拶を交わし、いよいよジャンプボール自分のコート内に入ってきたボールを相手に渡さないよう追いかけて拾ったり、積極的に投げたりして試合を楽しみます👍内野に残った人数をみんなで確認した後、「ありがとうございました😊」と、お互いの頑張りを認め合って終わります

自分のクラスの友達を応援したい気持ちが随所に現れ、見ていて気持ちがいい相手のことを励まし、戦い終えたチームを拍手で称える姿に成長を感じました👍

ボールを持った人から離れる(逃げる)、線は踏まないといった基本的なルールも浸透し、みんなが楽しんでいることが伝わる大会に次の大会にも期待を寄せているようでした


九代目です。

 

 

 

先日、玄関で飼育していたカブトムシが死んでしまい、園庭の花壇に埋めてあげました🌷

飼育ケースに残った土をコンテナにひっくり返してみると幼虫がゴロゴロと出てきて、初めて見た年少児は「え、何これ??どこで捕まえたの?」と、自分の知っているカブトムシ(成虫)とは似ても似つかない姿に驚いています

土を手で掻き分けるとひと際大きな幼虫がいて、「優しくね!」と声をかけ合いながら順番にそーっと手の上に乗せたり、指で“つんっ”と突いてみて「やわらか〜い☺」と喜ぶ子も…

また、少し距離をとって“触りたくはないけど何だかちょっぴり気になる”という表情の子もたくさんいて、生きた教材に触れる(見る)ことで、新たな発見や興味・関心の広がりにつながっていくことと思います

ちなみにこの幼虫は九代目…何匹成虫になるのか楽しみです⤴⤴


<< | 2/52PAGES | >>