川はどこまで?

 

 

年長児が水がたまっているのを見て、何か遊びに活かせないかとひらめいたのが川づくり水を押し出すと、一筋の線のようになって流れていきます。途中で水の流れが止まってしまい、なぜ流れないのかを考えます。「(流している)水が足りないのかも」と言っては板やスコップで水を押し出してみたり、「その先に流れる道がないからだ」と言っては、持っていたスコップや棒で線をつけて流れやすくしようとしていました更に流れを2つにしようとしますが、上手く流れず…。実は流れてほしいと思っているところは水があるところよりも高さがあり、押し戻されてしまうのです…。「どうして流れないんだろうね」という問いに、「もしかしたら掘ってないからかもよ」という子ども達の予測が。私達は、下っていないから流れないとすぐ思ってしまいますが、子ども達は様々な予測を基に実践して考えてを繰り返していて、本当に楽しそうです(*^-^*)その好奇心を大切にしていきたいですね