七夕を楽しむ日

   

 

今年度は集会ではなく、クラスごとに七夕を楽しもうと計画し、この一週間、製作コーナーを設けたり、短冊を園内に下げたりして雰囲気づくりをしてきました園長先生やバスの先生方が、たなばたさまのうたを演奏したり、彦星様・織姫様がなぜ会えないくなってしまったのかをクイズや寸劇で伝えたり、短冊を紹介したりしながら各クラスを回りました子ども達は様々な楽器の音色にじっくり聞き入ったり、一緒に口ずさんだりしながら楽しい時間を過ごしました✨

年長組で出したクイズの中に、カササギが橋を作って天の川を渡れるようにした…というものがありました。するとその写真を思い出しながらつくルームでカササギを作る子もまた年中組の子も、星を見つけられるかなと、楽しみにしている様子がありました。(今日、雨が降ってしまったのが残念です…涙)一部の地域を除き、北海道の七夕は8月7日。これは農耕の時期に重ねていると伝えられています。今日から年少組は願い事を聞いて先生が短冊に書いたり、飾りをつけたりします。いちご組も星を貼った飾りを教室に飾っています今月いっぱい雰囲気作りをしながら星に興味を持つ、季節の行事について知るなど、発見をみんなでしていきたいと思います