さぁて、何作ろう!

   

 

年少組は粘土遊びをしました渡されたばかりの粘土はちょっと硬く、手でこねるにはとても力が要ります。子ども達は端から少しずつちぎって小さくしたり、粘土ベラで下に押し込んで切って小さくしたりして、自分が使いやすい大きさにしていました。手のひらを上手に動かして長く伸ばしてウナギや蛇を作る子、丸を作りお団子にする子、四角く切って氷を表現する子、ほかにもキリンのうんちを作る子もいました(笑)自分の思ったものを形にする面白さがあり、子ども達はみんな片づけをする時間まで夢中になっていました👍

作るものはそれぞれの違うので、お互いに友達が何を作ったのかにも注目しており、「それなあに」「これはね…」と言葉を交わす場面も個性が光る作品ばかり子ども達が夢中になる姿を見て、明日もじっくりと粘土をする時間をとれたらいいな…と思っています