鬼ごっこで盛り上がろう!

 

 

鬼ごっこをしたいという子ども達のリクエストに応え、ちゅうりっぷ組は新園舎建設予定地に出かけ、氷鬼をしました!早速、先生が鬼になってみんなを捕まえにいきましたが…「今度はみんなが鬼になってタッチしてくれるかな〜?」という投げかけをしてみると、やってみたいという声が続々上がりました!タッチをされた友達は動けなくなり、その場で捕まっていない友達に助けてもらうというルールですが、子ども達自身でルールを理解し、みんなで楽しむことができました👍

今回のように鬼ごっこでは、誰が鬼をしているのか、誰が捕まって助けてもらいたいのかを知っていないと楽しめません。それらの情報は「誰が鬼?」「助けて〜」と、遊びの中でコミュニケーションをとることで知っていくことができます。周りの情報を獲得するアンテナを張り、声を発していくことが、集団遊びを楽しむための一つの方法になっているといえますね!

 

 

京急の運転士さんになりたいこぐま組のお友達は4歳になりました!いろいろなことを発見してみんなに教えてくれる元気なお友達です😊お誕生日おめでとうございます!