全園児が久しぶりに揃いました!

      

 

先週、少しずつ園生活のリズムを取り戻し、久しぶりの幼稚園に期待をもってほしい…という思いで、分散登園で過ごしました今日からは全員が登園し、いつも通りの賑わいを見せていました👍

園庭で今日から仲間入りしたザリガニやミヤマクワガタを観察しながら、「ザリガニの身体が真っ白だね」「クワガタの餌はどんな味がするんだろうね」と感じたことを口にします。また、プール屋上でいちご組のトマトをじっと見ながら、葉の匂いを嗅いだり、花を見たりしていると小さな緑のトマトが落ちていることに気がつき…担任の先生に教えてあげようと駆け寄っていきました先生や友達と同じものを見て、気持ちを共有することが嬉しいと感じているようです😊

回旋塔では年長組と年少組が混ざり合って回していました。「年少さんいるから、あんまり速くしないでおこうよ」と声を掛け合っていました。

遊び方や片付けの仕方など、年長児がモデルとなって年下の子ども達の良い刺激となっているのがよくわかる場面が沢山ありました。分散登園では同じ学年の友達を中心に繋がっている楽しさが伝わってきましたが、異年齢での遊び空間には多くの刺激があり、そこから互いのことを思いやる気持ちが育ったり、遊びへの探求心へと繋がったり…相互に良さがもたらされていますね