じゃがバターのお味は?

 

 

ひまわり組は先日栽培していたじゃがいもを収穫し、じゃがバターを作ることにしました🍴

そこでバターを買いにスーパーへ向かいます👣

家でバターの種類を調べてきてくれた子が「黄色い箱の雪印って書いてあるのがいいよ」と教えてくれました期待に胸を膨らませながら店内に入ると想像以上の種類のバターがあり、どれが良いのか店員さんに聞いてみることに💡

☺「チューブと箱のバターはどっちがおいしいですか?」

👤「チューブの方は3分の1って書いてあるでしょう?バターが3分の1で残りはマーガリンが入っているから、箱のバターの方がおいしく感じるかもしれないね!」

☺「ありがとうございます!箱にしよう!!」

と、店員さんとのやり取りの中で用途にあった商品を見つけることができました

その後、園に戻って焚き火でじゃがいもを蒸かし、バターを塗るとなんとも良い香りが漂い、子ども達も目をキラキラ輝かせます👀

パクッと頬張ると口の中にバターが染み込んだじゃがいもの旨味が広がり…んっ?何か後味が苦い??

どうしてだろうと話し合った子ども達。“皮がついているから苦いんだ”という結論になり、次回のポテトチップス作りに更なる期待が高まっています♪乞うご期待✨

ただ食物を栽培するだけではなく、そこから子ども達自身が調理法や必要な材料を考える等、実体験から色々な学びが生まれているのです⤴⤴