上と下で力を合わせると?

 

 

プール屋上では毎年子ども達が楽しんでいる滑車に似た遊びが始まりました下でお水を入れ、上の子ども達が紐を引くと段々お水入りのバケツが上がっていきます。上がっている途中で手を離してしまいお水が勢いよくこぼれたり、上まで到着してからバケツを持ち上げる時に屋上側に水がこぼれたり…悪戦苦闘

 

  

 

下で見ている子も「もう少し引っ張って〜」等、声を掛けます。幾度もの挑戦の末、お水を屋上に届けることができました👍屋上には下に繋がる長いホース。注ぎ入れると、お水がまた下に戻ってきました😊ホースの傾き加減をみた子は、高さを付けて流れに勢いをつけてくれました

このような遊びは上と下の子で「(お水をもう少し入れるから)待って」「お水入れて〜」とコミュニケーションが取れるのが楽しいしかも異年齢の子ども達が面白そうだという思いで自然に集まり、教師の援助を必要とせずに遊びを進めていたのが印象的です(年少から年長までいました)自分達で遊べる力がついてきたことが垣間見える時間でした