ほっとするね…

 

天候がすぐれないため、朝から室内遊びをしました進級した年中・年少児の様子を見ていると、3月まで同じクラスだった友達と顔を合わせては笑顔になり、すぐに遊びが始まります。肩を組んでうたを歌っていたり、つくルームで何をするか話してみたり…何気ない一瞬ですが、アイコンタクトで思いが通じたり、言葉でのやり取りを楽しんだりしながら、友達の存在を十分に感じているようです お互いにやりたいことを共有できるのは、 1年間(いちごさんからの進級であれば2年間)過ごした仲間と心を通い合わせてきたからこそ。きっと年長児であれば、同じクラスからの持ち上がりでもあるため、遊びも充実したものになるでしょう

一方、新入園児のお子さんも少し表情が和らいで、同じ空間で遊びを楽しむ姿が見られました😊  好きな遊びが見つかるように子ども達と共に楽しく過ごしていきたいと思います