探険した先で

 

 

すみれ組の子ども達が2階を探検しにきて教室を覗いています。ひまわり組の前を通りかかった時は、ちょうど発表会で披露する踊りをしようとしていた時でした誘いかけると教室に入ってきて、一緒にダンスこの2クラスは発表会で一緒に踊ることになっていて、今日初めて一緒に踊ったのですが、今から息もぴったり でした 

 

 

 

続いて入っていったのはたんぽぽ組。劇の内容を話し合ったりミュージックベルで演奏しているところを見ました👀真剣にやっている年中さんを前に、見る方も真剣です(`・ω・´)

発表会に向けた取り組みでは、お互いの発表を見合って感想を伝えることがあります。

特に4〜5歳ごろの子ども達は、他者と比べて自分が見えるようになると言われている時期。だからこそ物事を客観的に見て 友達(クラス)の良かったところ」や「こうしたらもっと楽しくなりそう」という言葉が生まれるようになります。この交流の中で、年長児は伝えた意見を自分達にも大切だと気付いて活かし年中少児は教えてもらうことで自信につなげより自己を発揮し合える関係になればと思います。

 

 

 

今日は北辰中学校と啓明中学校の職業体験で10名の生徒さんが来園!学校で遊びの計画を立て、はないちもんめや鬼ごっこなどをしてくれました!お手伝いなどありがとうございました!