花いちもんめ〜♪

 

 

こぐま組は教室で花いちもんめをしました♪

前にも一度経験したことがあり、ルールはバッチリで「早くやりたーい!」と期待が膨らみます!

誰を選ぶのか話し合うと「ぼく、Fちゃんが大好きだから、Fちゃんにしたい!」とそれぞれが自分の仲良しの友達の名前を言い合いますが、もちろん年少児だけではいつまで経っても決まりません…

そこで担任が「Rちゃんがいいって言うお友達が多いけどどうしよっか?」と一言投げかけると、「うんいいよ、でも次はFちゃんね!!」と子ども達も納得して楽しむことができましたいつもこのようなかかわりが良いというわけではなく、その時のタイミングや子ども達一人ひとりの心情や特性を十分に理解した上でのかかわりが大切なのですね)

花いちもんめ等の集団遊び…、クラスの友達の名前をようやく覚え、どの子も“一緒にいると安心できる大好きなお友達”ができた今の時期だからこそ、自然とこんなに笑顔が溢れてくるのです(上記の楽しそうな写真をご覧ください☺)