防災センターを探検

  

 

年中組は防災センターに行き、地震や火災、防風等の体験、消防車見学などで館内を探検しました🚒風速10メートルの風が吹く部屋では、「どんな風が来るのだろう…」と内心ドキドキしながら正面から吹いてくる風を受け止めます「飛ばされなかった〜💦」とほっと一安心の様子でした😊また、はしご車の装置を見ました以前、園に消防車が来た時にも、積んでいるもの(ホースやボンベ)について消防士さんにたくさん質問していたので、本物に触れることは、より楽しい気持ちを増幅させていました

先日の地震で子ども達は大きな不安を感じていたようです。その体験があったからこそ、防災センターで出てきた“おはしも”について真剣に聞いていたのだと思います。園に戻ってきてからも押さない・走らない・しゃべらない・戻らない…ということを子ども達自身で確認し合っていました。何かあった時のために、おはしもを頭の片隅に置いておいてほしいと思います