リズムを感じて

 

 

さくら組で倫子先生とムーブメントみんなで円になって座り、順番にタンバリンを回して好きなリズムをたたきます♫タンタタタン ♫タタタタタタタ… ♫タタン…タン等々、思い思いに楽しみますそれをみんながよく聴いて、同じリズムを手で再現!!タンバリンが一周すると、子ども達から「もっとやりたい!」と声が挙がります

じゃあ次は…と、倫子先生が取り出したのはザイロフォン。始めは倫子先生が伴奏のように叩いていましたが、途中から子ども達が2人ずつお手伝いすることに「どこをたたいてもいいの」「…こんな感じでいいかな」と息を合わせ、周りの子ども達のうたやタンバリンの音に合わせて叩いて…みんなでやっているんだという一体感を感じる素敵な場面でした✨

周りのことに意識を向けなければ、全員での一体感は生まれません。この集中力は意欲が生み出したものですね🙆

また、全員が自分の表現を出せる場所が同じようにあることも、子ども達にとってやる気が起きる要因にもなります👍『自分の考えたことをみんなも楽しんでくれている』という思いもあるでしょう『間違いがない遊び』で認められることが増えれば、きっと子ども達の喜びもたくさん生まれますね…★

 

 

 

今日はいちごさんのお友達のお誕生日でした🚙お誕生日おめでとうございます!