遊びの環境

先週は夏を思わせるような陽気に包まれましたが、ここ数日は日差しがあるものの、風が冷たく感じられることもありますね…!

 

園内には遊具や自然等があちらこちらにあります。園庭では屋台として使えるものや高さのある台(園内ではお立ち台と呼んでいます!)、藤棚やベンチ、ビオトープ、小さな山等々、室内では製作コーナー(つくルーム)や運動場等々。子ども達がこれらの遊具や自然(物的・自然環境)を使ってどのように遊ぶのだろうか、どう発展させていくのだろうかと想像を巡らせ、予測を立てて配置等、遊びの環境(空間)を整えていきます。子ども達の遊びが保育者の思っている方向性とは違うこともあり、遊びに合わせてその場の環境を作り変えることもあります。

また、子ども達は遊びの中で閃きや気付きを得ることもあるため、保育者の発言も人的環境となって生きていきます。「興味関心をもてるように」「より発展するための足掛かりになるには」といったことを考慮しながら言葉を選びます。

子ども達が自分のやってみたいことを存分に楽しむことは勿論、発見や試行錯誤に出会えるよう、遊び環境の充実を今後も考えていきたいと思います


身近な生き物

 

現在、ゆたか幼稚園には「グッピー」「金魚」「アカハライモリ」「スジエビ」「ミドリガメ」「ゼニガメ」「カブトムシ」「ハムスター」を飼育しています。身近な場所に生き物がいることでお世話をする思いやりの気持ちが育ったり、命の大切さに気付くことができると考えています。また、生き物への興味関心が広がり、図鑑等で詳しく調べてみたり、お家の方と実際に捕まえにいったりと…保育環境には“生き物”の存在が欠かせないのです♪

 

  

 

「ようちえんでまってるよ〜🐹


幼稚園の自然

 

 

園庭のさくらんぼの木あんずの木の花が咲き、春の訪れを感じます♪

子ども達がたくさんの自然四季を感じられるように、他にも八重桜・イチョウ・プルーン・ブドウ・紅葉・藤の木等を植えています。花びらや落ち葉を使って遊びのイメージを広げたり、実った果実を友達と一緒に食べたり、そこへ集まってくる虫を捕まえて観察したり…限られた自然の中でも子ども達が様々な経験をできるような自然環境を意識しています⤴⤴

もうすぐ八重桜の花が満開になりそうです


ブログをご覧の皆様へ

ブログをご覧いただいている皆様、お元気でお過ごしでしょうか新型コロナウイルスの感染拡大状況が続き、何かとご不便な日々をお過ごしのことと存じます…お子様方の心身の状況を考えますと、収束を願い、一刻も早い開園ができることを願うばかりです。

 

さて、現在休園措置を取らせていただいているため、ブログの更新をせずお休みさせていただいております。在園児の皆様には引き続き [公式]親子DEゆたかっこちゃんねる配信させていただきますので、ぜひご覧になり、お子様とお楽しみください

また、今後、札幌ゆたか幼稚園への入園をお考えの皆様にも園の紹介等ができたらと考えておりますので、よろしくお願いいたします

引き続きお子さん、ご家族の皆様、お元気にお過ごしくださいね


いちごさんも遊びました!

   
 

 

2歳児いちご組の子ども達は、今日はじめて一人で過ごしましたはじめは教室でままごとや車などの遊具で遊んだり、シールを好きな所に貼っったりして楽しみました途中、外で遊びたい…という声が挙がり、カラー帽子を被って園庭へ砂場で先生と一緒にスコップで穴堀りや型抜き、回旋塔や階段に上るなど、自分の興味のある所へ向かっていきました幼稚園で好きなことをしながら過ごした2時間、楽しんだいちごさんでした(^▽^)/少しずつゆたかっことして遊び方を考えたり、友達との関係を作ったりしていく第一歩ですね

 

明日から5月6日(水)までの間、臨時休園となりますが、ゆたか通信でもお知らせしております注意事項等をお読みになり、休園期間中も皆様が健康でありますように…。明日以降は、お子さんが心身ともに健康で過ごせるよう、動画配信等で楽しめる内容をお届けできたらと思っております


| 1/60PAGES | >>