ホームフレンドサークル「だるまさんが…!!」

 

 

「だるまさんが」の絵本を見ていると、子ども達はすぐに絵本の世界に入り込み、だるまさんと一緒に“だ・る・ま・さ・ん・が…びよーん!”と身体を伸ばしたり、“だ・る・ま・さ・ん・が…どてっ!”と転がってみたり、色々な表現を楽しんでいます

年長児からは「だるまさんが、めがねをかける!」「片足で立つ!!」など、新しいアイディアが飛び出しました♪

その後はだるまさんが転んだの集団遊びをしました

忍び足でゆっくり進む子👣勢いよく走り出して止まれない子👣止まる瞬間に息を止める子👣

年少児が鬼になると年長児が一緒に手伝ってあげる姿もありましたよ

活動の前に絵本を読みイメージを広げたことで、自分自身がだるまさんになりきってより楽しむことができました♪

幼児期に色々な絵本に触れることは、とても大切なのです…


ホームフレンドサークル「爽やかかき氷」

 

 

 

午前中は運動場でかき氷屋さんごっこをしました🍧

細かく切ったスズランテープを氷に見立てカップの中に入れ、「これはいちご味🍓」「(4色混ぜ合わせて)レインボー味ー!!」などオリジナルのかき氷が出来ました

年長児はスプーンの形に切った画用紙の両端を折り上げ、自分の使ったことのある紙スプーンを思い出しながら立体的に仕上げています

子ども達の生活体験がこのように何気ない遊びの中にも活かされていくのです💕

その後は自然とお客さんとお店屋さんに分かれてやり取りをし、爽やかな気分でごっこ遊びを満喫しています


ホームフレンドサークル「青空演奏会」

 

 

園庭のバケツを太鼓に見立てて、楽器の演奏が始まりました♪
みんなで並び、キラキラ星ちゅうりっぷのうたに合わせて竹の棒で“トントントントン”太鼓を叩きます

「いい音がするね〜」と友達と顔を見合わせていると、一人の年長児がおもむろに砂場に出来た池を叩きました…パシャーンッ

その涼しげな音を聞いた周りの子達も次々と池の太鼓を叩き、キャーッと歓声をあげ、泥だらけで次の公演がスタートしています☺笑☺

夏ならではの子ども達のひらめきが感じられる瞬間でしたよ🥁


ホームフレンドサークル「的当て」

 

夏休みが始まりました

ホームフレンドサークルでは的当て大会!!

自分達で的を描き、「これは1000点♪」「小さくしよう〜☺」と期待を膨らませワクワク

点数だけではなく、かわいい動物の顔や模様が描いてあるものもありましたよ

「上(天井)にもつけてみよう」と年長児のアイディアで、教室の色々な場所にめがけて折り紙ボールを投げます

普段はあまりしない“投げる”という動作…特に真上に投げることは大人でもなかなかありません。みんなで楽しく活動することで自然と身体をダイナミックに動かすことができました♪

ホームフレンドサークルでは、一日の活動のバランスや子ども達の様子に合わせて楽しめる内容を意図的に計画していきます☺☺

 


第1学期終業日

   

 

1学期終業日でした。今回は登降園する時間に合わせて、集会を2部にしました

園長先生のお話や先生方の劇の中で、明日から夏休みが始まること、夏休みにおうちの方とたくさん楽しい時間を過ごしてほしいことを伝えました

今学期はあまりたくさん歌うことがなかった幼稚園のうた。節目の日を迎え、年中長児が年少児のお手本となって元気に歌っていたのが印象的でしたまた、劇の中で声や顔の表情をつけた時の子ども達の反応が笑顔いっぱいで、私たちが楽しい雰囲気を作ると子ども達も楽しくなるのだと改めて感じることができました😊今後も子ども達が過ごす生活環境がより豊かになるよう、私たち保育者が人的環境であることを再認識しながら保育していきたいと思います

1学期はコロナウイルスによる休園期間が長く、例年のような過ごし方ではありませんでしたが、園庭遊びの充実を含め「今、子ども達のためにできること」を考えてきました。保護者の皆様にはたくさんのご協力をいただきありがとうございました。明日から、お子さんと楽しい夏休みをお過ごしください


| 1/51PAGES | >>