北海道私立幼稚園教育研究大会 公開保育

 

 

 

北海道私立幼稚園教育研究大会1日目。全道からたくさんの先生方をお招きし、当園の保育を公開しました。

あそびの時間にたき火や木登り、泥団子作り、ままごと、つくルーム…様々な遊びを見ていただき「子ども達が生き生きした顔をしていた」「遊びや遊び方が豊かな子が多い」といった嬉しい言葉をいただくことができました。また設定活動(みんなの時間)では、今取り組んでいる劇遊びや発表会に向けての話し合いの場面を見ていただきました。子ども達が卒園までにどう育っていくかを描き、今、この学年のこの時期にどう育っているか、今後、何を育てていきたいかを話し合って次の日の保育をしています。その部分を多くの先生方に共有していただき多くの意見をいただくことができました。公開保育で見ていただいたことが自分達の学びとなり、更には子ども達へ還元していくきっかけとなるよう努めていきます

本日の公開保育にあたり、保護者の皆様にはお迎えへのご協力等をいただき、無事に教育研究大会を終えることができました。本当にありがとうございました!


10月生まれのお誕生会!

  

  

園全体では27名のお友達が今月誕生日を迎えます🎁年長さんはブルーインパルスのパイロットやサッカー選手、生き物の研究をする人等々いろいろな夢を持っていました側転が得意、氷鬼が好き…得意なことや好きなことも教えてくれ興味深かったです♫

年中組もプリンセスになりたい、タクシーの運転手さんなどの夢を発表緊張しながらも、自己紹介やその他のことを友達に伝えようと一歩踏み出す姿が印象的でした

年少組ではお家の方が用意してくれたクイズやカエルの声が出る製作遊びをしました😊そしてお家の方からのメッセージ…生まれてからの4年間の成長に喜びの涙こちらも涙。

今日に至るまでの間にそれぞれのご家庭で成長を喜んだりしながらお祝いしてきたことでしょう幼稚園でも、友達が一緒に成長していることを感じながら、自然にお祝いする優しさが生まれてくれるといいなと思います💛

10月生まれのお友達、おめでとうございます🎉ご家族の皆様、保育参加へのご協力、ありがとうございました!


みんなで うんとこしょ!

  

 

いちご組の中で飛び跳ねる子ども達👀頭にはうさぎやカエルの帽子を被っています「ピョンピョン」「みてかえるだよ🐸」と何度も教室内をジャンプしていました2階で遊ぼうという先生の言葉で気持ちも上がります🆙初めて動物の帽子を被った子も、くちばしの部分を触って手触りを確かめると、ちょっぴり嬉しそうに廊下に出てきました😊お天気が良かったのでポカポカテラスに集まり、みんなで大きなかぶのお話を読んだ後、色々な動物を呼んでかぶを抜くお手伝いうんとこしょ〜と皆の力を合わせると、すぽっと抜けました

かぶをどうしようか考えて、みんなでお料理🍳包丁で小さく切り分ける真似をして楽しみました

絵本の世界のお話を2歳児なりに表現する姿…わかりやすく動物が登場するのも子ども達の心を惹きつけるきっかけになっていそうです(*^-^*)思ったように身体を動かす子ども達の笑顔が合わさって、何となくいちご組のまとまりのようなものが生まれてきたなぁとほんわかした温かい気持ちになりました💛


防災センターを探検

  

 

年中組は防災センターに行き、地震や火災、防風等の体験、消防車見学などで館内を探検しました🚒風速10メートルの風が吹く部屋では、「どんな風が来るのだろう…」と内心ドキドキしながら正面から吹いてくる風を受け止めます「飛ばされなかった〜💦」とほっと一安心の様子でした😊また、はしご車の装置を見ました以前、園に消防車が来た時にも、積んでいるもの(ホースやボンベ)について消防士さんにたくさん質問していたので、本物に触れることは、より楽しい気持ちを増幅させていました

先日の地震で子ども達は大きな不安を感じていたようです。その体験があったからこそ、防災センターで出てきた“おはしも”について真剣に聞いていたのだと思います。園に戻ってきてからも押さない・走らない・しゃべらない・戻らない…ということを子ども達自身で確認し合っていました。何かあった時のために、おはしもを頭の片隅に置いておいてほしいと思います


こっちはどうかな?

 

 

先月から2階の廊下にミニ楽器コーナーを設置。年中組を中心に、気軽に手に取って音を出し、楽しんでいます帰りのあそびの時間、年少組の子がやってきて木でできた木琴の仲間「スイートドラム」をたたいて音を出してみますポコポコポコポコ…「いい音するねぇ~」といった後、手に持っていたスティックの持ち手をひっくり返して「こっちで叩いたらどんな音かな」とまた叩いて…「フフフ(*^-^*)」と、友達と顔を見合わせました。

次に手に取ったのがカスタネットどこの指に入れるのか等をお互いに確認して鳴らしてみます。目を輝かせ「(大きく口を開く)ワニさんみたい」と大喜びでした

園では音や楽器に触れられるよう、環境として見える所、手が届く所に設置しています。叩いてみたら、鳴らしてみたらどうなるのかなという興味が原動力となっているようです普段から親しめることを大切にしていきたいです


| 1/48PAGES | >>